ゾンビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    (出典 www.gizmodo.jp)

    1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2014/10/03(金) 21:26:33.03 ID:4Y+LdI1y0.net

    有酸素運動

    【三大ゾンビ映画あるあるベスト5「ショッピングモール」「ヘッドショットを狙え」あとは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 取り分 ★ :2016/11/28(月) 07:33:23.19 ID:CAP_USER9

    人気ドラマ『ウォーキング・デッド』の製作総指揮を務めるスコット・ギンプル氏が将来的な映画化の可能性を示唆した。

     ギンプルはロバート・カークマン、トニー・ムーア、チャーリー・アドラードによる同名コミック本を原作とした同人気ドラマの映画化を視野に入れているようで、その際には『スタートレック』のカーク役で知られるウィリアム・シャトナーに主人公のリック・ギンプルを演じてほしいと冗談交じりにComicBook.comに明かした。「ウィリアム・シャトナーがリック。それにエドワード・ジェームズ・オルモスがダリル。マシュー・フォックスがガバナーだね!」

     いまだにテレビシリーズ制作の真っただ中であるものの、ギンプルは将来的に映画化されることが間違いないと踏んでいるようだ。「その話はよく持ちあがるよ」「どんな形にせよ、いつか実現することは間違いないだろうね。良い作品になると思うんだ」

     現在、同作は現地アメリカでシーズン7を放送中で、来年には新シーズンが予定されている。

     ドラマでは主役のリックをアンドリュー・リンカーンが演じており、その息子カールをチャンドラー・リッグス、ダリルをノーマン・リーダス、ガバナーをデビッド・モリシーがそれぞれ演じている。(BANG Media International)

    ソース
    http://www.daily.co.jp/gossip/foreign_topics/2016/11/27/0009702080.shtml
    ウィリアム・シャトナー

    (出典 daily.c.yimg.jp)


    【『ウォーキング・デッド』の責任者、将来的な映画化を示唆】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    (出典 xn--h9jya6d7a0b9w5epdx147btuyb.com)





    1 以下、無断転載禁止でVIPがお送りします :2016/11/21(月) 11:14:46.778 ID:GQW3BgGq0

    あれおかしいだろ
    絶対噛まれるより感染しやすいはずなのに



    【ゾンビ映画って噛まれたりしたらだめなのに返り血はOKだよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    (出典 p.news.nimg.jp)

    1 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/11/14(月) 15:46:38.435 ID:ktdDIx1T0.net
    【ゾンビ映画で「あ、こいつ死ぬな」って奴にありがちなこと】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 取り分 ★ :2016/11/01(火) 15:02:06.98 ID:CAP_USER9

    日本ではFOXにて10月24日(月)よりシーズン7の放送がスタートし、
    その衝撃的なバイオレンス描写が話題となっている大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』。

    そんな本シリーズについて、ゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロが、
    「『ウォーキング・デッド』のせいで、これまでのような作品が作れなくなった」
    とコメントしている。英Digital Spyなどが報じた。

    1968年に『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生』で
    原案・撮影・監督を手掛けたロメロ監督は、その後も『ゾンビ』や『クリープショー』、『死霊のえじき』といったゾンビ&ホラー映画を生み出してきたゾンビ映画の巨匠だ。

    『ウォーキング・デッド』の元クリエイターであるフランク・ダラボンも、
    ロメロ監督の作品にインスパイアされたことを公言している一人。

    しかし同監督は、本シリーズが大ヒットしたことで、
    新しいゾンビ映画を作れなくなってしまったと述べているのだ。

    「社会政治学的で、規模が小さいゾンビ映画のアイデアを出せなくなってしまった。
    以前は、ゾンビ・アクションをもとにした作品に、社会的なメッセージを込める
    ことができていたが、今は無理なんだ。"ゾンビ"という言葉を口にした瞬間、
    "ブラッド・ピットはゾンビ映画の製作に4億ドル(約418億円)出したぞ"って話になるんだよ」と、ブラッドが製作・主演を兼ねた映画『ワールド・ウォー Z』について言及。

    これまでに監督は『ドーン・オブ・ザ・デッド』や『ランド・オブ・ザ・デッド』といった小規模な"デッド"シリーズを多数手掛けており、2007年公開の『ダイアリー・オブ・ザ・デッド』はSNSに支配される現代を皮肉った作品となりヒットを記録。

    ところが、『ウォーキング・デッド』の登場で、「巨額の製作費を費やした、ゾンビが破壊しまくるだけの作品しか受け入れられなくなってしまった」と胸中を明かしている。

    ロメロ監督は、本シリーズに思うところがあるようだが、最新シーズンのプレミア放送は視聴者数1703万人を記録して大ヒット。

    そんな『ウォーキング・デッド』はFOXにて毎週月曜21:00より放送中。(海外ドラマNAVI)

    ソース
    http://dramanavi.net/news/2016/11/post-5419.php

    (出典 dramanavi.net)


    【ゾンビ映画の巨匠、『ウォーキング・デッド』のせいで新しいゾンビ映画が作れない!?】の続きを読む

    このページのトップヘ