ディズニー

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/01/24(火) 07:43:12.43 ID:CAP_USER9.net

    米人気SF映画「スター・ウォーズ(Star Wars)」シリーズ8作目となる最新作のタイトルが、
    『Star Wars: The Last Jedi(スター・ウォーズ/最後のジェダイ)』になることが23日、発表された。

    発表したルーカスフィルムは、これ以上の説明はしていない。
    ライアン・ジョンソン氏が監督を務める本作は、今年12月15日に公開される予定。

    2015年の前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、デイジー・リドリー演じるレイが、
    マーク・ハミル演じるルーク・スカイウォーカーに人里離れた山頂で彼のライトセーバーを手渡す場面で終わっていた。

    新作のタイトルで気になるのは、「最後のジェダイ」とは誰なのかという疑問だ。

    ファンの間では、これがルークなのかレイなのか、あるいは「ジェダイ」という単語が単数にも複数にも使われることから、ルークとレイの両方を指すのではないかといった臆測が広がっている。

    2017年1月24日 5時23分 AFPBB News
    http://news.livedoor.com/article/detail/12580057/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【スター・ウォーズEp8のタイトルは『Star Wars: The Last Jedi』に決定!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 忍次郎 ★ :2016/11/04(金) 14:36:04.68 ID:CAP_USER9

     米ディズニーがアカデミー賞でアニメとして初の作品賞にノミネートされた傑作アニメ『美女と野獣』の実写版を制作。
    2017年3月の全米公開を前に、アニメ版の象徴的な場面、黄色のドレスを身に着けたベルと野獣が踊っている場面のビジュアルが、米誌「Entertainment Weekly」の表紙として登場した。

     黄色のドレスを身に着けたベルを演じるのは、映画『ハリー・ポッター』シリーズでスターダムに駆け上った女優エマ・ワトソン。
    野獣は映画『ザ・ゲスト』(14)の俳優ダン・スティーヴンス。エマ演じるベルもさることながら、野獣もまさにアニメのイメージにぴったり。
    見つめ合う2人の姿はアニメ版よりも断然ロマンチックだ。

     ベルの衣装を再現するにあたり、積極的に意見を述べたというエマ。
    この黄色のドレスで野獣と踊る場面ついて、「野獣とベルが恋に落ちる姿を物語っている。映画では2人の物語を語るのに十分な時間を得られない。
    観客が2人の恋の始まりと、それが現実に起きていることを知る瞬間が、
    あのダンスなのよ」と語り、その瞬間に観客は別世界へと誘われるという。

     衣装デザインを担当したジャクリーン・デュランは、黄色のドレスを作るにあたり様々な黄色の生地を試し、シルク混のサテンオーガンザに行き着いたそうだ。「エマにとって、ドレスは軽く動きやすいことが重要でした。エマの解釈では、ベルは活動的なプリンセスです。エマはコルセットで締め付けるようなドレスや、動きを遮るドレスを望んでいませんでした」と、黄色のドレスにまつわる秘話を明かした。

     『美女と野獣』は2017年4月21日より日本公開予定。映画『ドリームガールズ』(07)のビル・コンドンが監督を務める。

    Yahoo!ネタりか|2016/11/4 13:45 クランクイン!
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20161104-42311934-crankin

    (出典 iwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    【『美女と野獣』実写版、野獣と踊る麗しい“ベル”エマ・ワトソンのビジュアル公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 ゴアマガラ ★@\(^o^)/ :2016/10/19(水) 18:10:53.26 ID:CAP_USER9.net

    [映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーが、スペインの作家ミゲル・デ・セルバンテスの小説「ドン・キホーテ」を映画化する準備を進めていることがわかった。

    米ハリウッド・レポーターによれば、ディズニーは「ハンガー・ゲーム」「キャプテン・フィリップス」の脚本家ビリー・レイを起用しており、
    「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ風のファンタジー作品を目指しているようだ。

    原作「ドン・キホーテ」は、自らを伝説の騎士と思いこんだラ・マンチャ出身の主人公ドン・キホーテが痩せこけた馬ロシナンテに乗って、従者サンチョ・パンサと共に旅に出るという物語。
    映画は、「インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン」のゴードン・グレイがプロデュースを手がける。キャストや監督はまだ明らかになっていない。

    http://eiga.com/news/20161019/8/


    (出典 image.eiga.k-img.com)


    【ディズニーが「ドン・キホーテ」を映画化 「パイレーツ」風のファンタジーに】の続きを読む

    このページのトップヘ