海外ドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 みつを ★@\(^o^)/ :2017/04/04(火) 05:22:42.03 ID:CAP_USER9.net

    http://dramanavi.net/sp/news/2017/04/20-11.php
    no title
    (出典 tv.foxjapan.com)
    人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』のファンに朗報だ。世界中で大ヒットを飛ばしている本作は、一部ファンの間ではもうすぐ終了してしまうのでは? とささやかれていたが、製作総指揮のスコット・M・ギンプルがそんな不安を吹き飛ばすコメントを残してくれた。

    ロサンゼルスで開催されたPaleyFestに参加したギンプルは「私たちは20年間続けてみたいと思っている」とコメント。2030年まで続けていくことを目指し、主要キャストも他の作品のために本作を降板する予定はないと明らかにした。

    ギンプルは米FOXのご長寿アニメシリーズ『ザ・シンプソンズ』を引き合いに出し、「『ザ・シンプソンズ』は27年間続いている。これは挑戦だ。私はその挑戦を受け入れた」と、米国で最も長く愛されているアニメシリーズへの挑戦状を突きつけた。

    本作は人気コミックの映像化として製作しているが、今後長く続いていくシリーズを目指すにあたり、「私たちは原作漫画を忠実に再現しようとしてきたが、オリジナルの要素も模索し続けている。それがこれからの番組に役立つはずだ。今までやったことのないことに挑戦し、リスクを取ってでもより良い番組していきたい。挑戦することは途轍もなく怖いことだが、挑戦を続けていけばそれだけ番組も長く続いていくだろう」と、オリジナル要素の探求に意気込んでいる。

    『ウォーキング・デッド』は本日4月3日(月)にシーズン7の最終話が放送される。今年の10月からはシーズン8(16話構成)がスタートする予定。(海外ドラマNAVI)

    2017/04/03


    【『ウォーキング・デッド』は20年続けられる!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 忍次郎 ★@\(^o^)/ :2017/02/28(火) 12:34:57.70 ID:CAP_USER9.net

     ベストセラーのアメリカンコミック「The Walking Dead」を原作とした、人気の海外ドラマ「ウォーキング・デッド」。

     ゾンビが徘徊する荒廃した米国で、元保安官のリックが生存者たちとともに安住の地を求めて旅を続けていくサバイバルドラマ。
    日本でも最新のシーズン7が配信、放送されている。

     そんな人気ドラマのワンシーンに、UFOが写り込んでいた!?として話題になっている。

     ある視聴者がドラマを見ていて発見し、UFOではないかと思ってその部分だけ録画から抜き出してユーチューブに投稿、
    広く意見を求めたところ、人気ドラマであったことも手伝って多くの反響が寄せられたのだ。

     問題のUFOが写っていたのはシーズン7のワンシーン。主人公のリックがカメラの方に向き直った様子が画面に大きく映るのだが、
    彼の右側の空に黒い物体が出現し、横切って消えていくのだ。

     この物体に関して、ネットでは本物のUFOか、それとも別のものがそう見えてしまっただけなのではないかと議論になっている。
    中には、人気のあるテレビドラマを利用して、宇宙人が何かを伝えようとしていたのではないかとする意見も出てきている。

     もちろん真偽を疑う声もあり、よく見るとわずかに上下に動いているように見えるので、
    単純に鳥がはばたきながら空を横切っただけではないかとする意見もある。

     果たして、この動画に写ってしまったものは何だったのか。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    東スポWeb 2017年02月28日 10時30分
    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/656340/

    (出典 Youtube)


    【「ウォーキング・デッド」…人気ドラマにUFOが写り込んでいた!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 忍次郎 ★@\(^o^)/ :2017/02/07(火) 01:11:58.64 ID:CAP_USER9.net

     昔の映画やドラマをリブートすることが多くなったハリウッドで、まだ企画さえ出ていないテレビドラマ「LOST」について、
    クリエイターが条件付きで歓迎するとコメントした。

     J・J・エイブラムス、ジェフリー・リーバーと共に同ドラマを企画したデイモン・リンデロフは
    Entertainment Weekly のインタビューでその条件について語っている。
     「まず、このドラマのキャラクターたちは死んだだけでなく、死後の世界まで見せてくれた。
    『LOST』がリブートされるとしても新しいキャラクターでなければ成り立たないし、そうするべきだ」とコメント。
    もう一つは、自分は関わらないということだという。

     「あれだけのシーズンを製作しながら、新しいアイデアがあるからと今さら戻るのは裏切りのような気がする。
    思い通りに締めくくる十分な時間があっただけにね。ショーランナーのカールトン・キューズと僕は、リブートはいつでも歓迎するという意見だ。
    『LOST』は製作陣をも超えた作品なんだよ。
    ジョージ・ルーカスが『スター・ウォーズ』の世界を売ったことで、
    あの世界で育った世代が新たな作品を作っているのを見るのはとてもエキサイティングだ。
    『LOST』にも同じことが起きるかもしれない」と語り、誰かが新たな世界を創り出してくれることを期待しているようだ。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    infoseekニュース|2017/02/06 22:24 シネマトゥデイ
    http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cinematoday_N0089422

    no title
    (出典 images.ciatr.jp)


    【「『LOST』は製作陣をも超えた作品なんだよ」…「LOST」の再制作は?新キャラならOK】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 取り分 ★ :2016/11/28(月) 07:33:23.19 ID:CAP_USER9

    人気ドラマ『ウォーキング・デッド』の製作総指揮を務めるスコット・ギンプル氏が将来的な映画化の可能性を示唆した。

     ギンプルはロバート・カークマン、トニー・ムーア、チャーリー・アドラードによる同名コミック本を原作とした同人気ドラマの映画化を視野に入れているようで、その際には『スタートレック』のカーク役で知られるウィリアム・シャトナーに主人公のリック・ギンプルを演じてほしいと冗談交じりにComicBook.comに明かした。「ウィリアム・シャトナーがリック。それにエドワード・ジェームズ・オルモスがダリル。マシュー・フォックスがガバナーだね!」

     いまだにテレビシリーズ制作の真っただ中であるものの、ギンプルは将来的に映画化されることが間違いないと踏んでいるようだ。「その話はよく持ちあがるよ」「どんな形にせよ、いつか実現することは間違いないだろうね。良い作品になると思うんだ」

     現在、同作は現地アメリカでシーズン7を放送中で、来年には新シーズンが予定されている。

     ドラマでは主役のリックをアンドリュー・リンカーンが演じており、その息子カールをチャンドラー・リッグス、ダリルをノーマン・リーダス、ガバナーをデビッド・モリシーがそれぞれ演じている。(BANG Media International)

    ソース
    http://www.daily.co.jp/gossip/foreign_topics/2016/11/27/0009702080.shtml
    ウィリアム・シャトナー

    (出典 daily.c.yimg.jp)


    【『ウォーキング・デッド』の責任者、将来的な映画化を示唆】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 しずぼん ★ :2016/11/22(火) 11:33:44.04 ID:CAP_USER9

    ドラマ『HEROES/ヒーローズ』のヒロ役でブレイクし、日系俳優としては全米No.1知名度を誇るマシ・オカが、 レギュラー出演している米CBSの人気シリーズ『HAWAII FIVE-0』を降板することが分かった。

    シーズン1でのゲスト出演を経て、シーズン2からレギュラー出演しているマシ・オカは、主人公らの捜査を手伝う検視官マックス・バーグマンを演じている。

    マシ・オカは「マックスは大きな旅に出るときじゃないかと考えた。僕は、マックスは彼にできる以上のことをしてきたんじゃないかなと思うんだ」と、マックスの物語はすでに語りつくしたと感じていることを明かした。

    また、ロサンゼルスや日本を拠点に活動しているマシ・オカにとって、本作の撮影地であるハワイに通うことの大変さも降板の理由の一つのようで、「ハワイに通うなんてことをするのはおそらく僕だけだろうね。年に18回くらい通っていたよ」と、その苦労を語った。

    彼の最後の登場は、現在放送中のシーズン7の第13話。マックスは新妻サブリナ(ルーマー・ウィリス)とともにアフリカに移住するという設定になるようだ。

    そんな彼に代わって、ルー・ダイアモンド・フィリップス(『ナンバーズ ~天才数学者の事件ファイル』)がゲスト出演することも明らかになった。ルーが演じるのは、お節介でまじめな性格で、連邦保安官の特殊部隊(SOG)を率いるリンカーンというキャラクター。マシ・オカが去った後の第14話に登場する。

    おかさん

    (出典 dramanavi.net)


    http://dramanavi.net/news/2016/11/hawaii-five-0-12.php


    【ハワイに通うのは大変、マシ・オカが『HAWAII FIVE-0』を降板  】の続きを読む

    このページのトップヘ