2016年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 ニライカナイφ ★@\(^o^)/ :2016/11/28(月) 06:40:56.71 ID:CAP_USER9.net

    ◆こんなに作って大丈夫?ハリウッドで「リブート映画」が大流行!

    昨年の「マッドマックス 怒りのデス・ロード」「ターミネーター:新起動/ジェニシス」、
    今年公開の「ゴーストバスターズ」シリーズなど、かつての大ヒットシリーズのリブート映画がハリウッドで大流行している。

    元の作品を新たなスタッフ&キャストによって同じテイストに作り直すリメイク映画に対し、
    リブート映画は世界観やキャラクターを部分的に踏襲しつつも全ての要素を仕切り直してシリーズを再起動させるもの。

    来年3月には「キングコング:髑髏島の巨神」が公開予定で、他にも87年に公開された「プレデター」第1作のリブート版(18年3月全米公開予定)があり、日本で98年に公開された「スターシップ・トゥルーパーズ」のリブート版の企画も発表された。
    さらにマーベルやDCなどのアメコミヒーローものを加えると、今後のハリウッドの注目大作のほとんどがリブート版で埋まってしまいそうな勢いだ。

    「なぜリブート映画がこれほど増えたのかというと、莫大な製作費がかかる大作には認知度の高いヒットシリーズが安全パイであることと、
    何より企画の多くが70~80年代のSF映画を原点にしていて、それを子どもの頃に観た世代が製作の最前線にいることが大きいと思います。
    自分が熱狂した映画を、最新のVFXを使って自分の手で再生させる。
    言ってみれば夢の具現化ですが、全米で炎上騒ぎが起きた『ゴーストバスターズ』の例を見ても、
    原点の作品と比べられるリブート版は観客の評価基準がより厳しくなる傾向があるようです」(映画ライター)

    新たなSF映画のレジェンドになれるのか。量産されるリブート映画の今後に期待したい。

    写真:
    (出典 www.asagei.com)


    アサ芸+ 2016年11月28日 05:59
    http://www.asagei.com/excerpt/70884


    【こんなに作って大丈夫?ハリウッドで「リブート映画」が大流行のワケ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 muffin ★ :2016/11/29(火) 16:54:33.23 ID:CAP_USER9

    http://www.cinematoday.jp/page/N0087879
    2016年11月29日 12時13分

    大ヒット中のアニメーション映画『君の名は。』の累計興行収入が27日時点で194億円を突破し、『もののけ姫』の最終興収193億円を抜いたことが明らかになった。
    これは『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』に続く、邦画歴代3位の記録で、この3作品にはある共通点がある。

    それは3作品すべてで俳優の神木隆之介が声優を務めていること。
    『君の名は。』(2016)で田舎町に暮らす少女と、奇妙な夢を通じて導かれ合う高校生・瀧を好演したことは記憶に新しいところだが、
    『千と千尋の神隠し』(2001)では湯婆婆の息子・坊、『ハウルの動く城』(2004)ではハウルの弟子マルクルを演じていたのだ。

     1999年にドラマ「グッドニュース」(TBS系)で子役としてデビューした神木は現在23歳で、これまで『バクマン。』『るろうに剣心』『SPEC』などヒット作に次々と出演。
    声優としての経験も豊富で、『サマーウォーズ』(2009)では主人公、『借りぐらしのアリエッティ』(2010)ではアリエッティと出会う少年を演じるなど、
    ヒット作の陰に神木ありといっても過言ではないようだ。

     今後も、羽海野チカの人気コミックを実写化する『3月のライオン』で主演を務めるほか、
    「ジョジョの奇妙な冒険」の実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』で広瀬康一役を務めるなど、話題作が控えており、 神木の活躍から目が離せない。(編集部・中山雄一朗)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    【恐るべし神木パワー!「君の名は。」「千と千尋の神隠し」「ハウル」邦画歴代トップ3にある共通点 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 オムコシ ★ :2016/11/29(火) 13:28:28.85 ID:CAP_USER.net

    dmenu映画 11/29(火) 7:10配信

    『君の名は。』や『聲の形』といったアニメーション映画がブームとなっている今、そのキャラクターに命を吹き込む“声優”の活躍にも注目が集まっています。今回はそんな声優のなかからこれからの活躍が期待される若手声優を見てみましょう。

    1:あまちゃん出演歴あり!今一番ホットな声優“水瀬いのり”

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    数々のアニメ作品で声優を務める水瀬いのりですが、実は女優としてあの人気朝ドラの「あまちゃん」に成田りな役で出演していました。2013年の紅白歌合戦にもあまちゃん枠でバッチリ登場、“GMTスペシャルユニット feat.アメ横女学園芸能コース”の一員として「暦の上ではディセンバー」を披露した実績の持ち主です。

    本業である声優業では既に多くの作品でヒロインなどの主要キャラクターを演じています。2015年公開のアニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』ではヒロインの成瀬順を熱演。心を閉ざして話せない少女の“声”を見事に吹き込みました。彼女の魅力はやはりなんといってもその声。しっかりしているのだけど守りたくなってしまう、そんな男性心をくすぐるかわいらしい演技が素敵な声優です。

    2:ロシア語が話せるインテリ声優“上坂すみれ”

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    上坂すみれは、上智大学外国語学部ロシア語学科卒というインテリ声優。彼女のロシア語は本当にレベルが高く、アニメの作中でもロシア語で会話をしたり、歌を歌うなどの演技までこなしています。声優として日本とロシアのアニメ文化の懸け橋になりたいと語るなど、熱い情熱の持ち主。さらにはミリタリーファンとしても有名という一面もあります。演技でも、演じるキャラクターがキュートからクールまで幅広くこなすマルチな声優です。また、アーティストとしても活動しており、今夏発表された楽曲「恋する図形(cubic futurismo)」はインスタグラムと連動したミュージックビデオとなっており話題になりました。

    3:アーティストに加えてグラビアまで!“雨宮天”

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    2015年に第9回声優アワード新人賞を受賞するなど実力派の声優として知られる雨宮天。2017年に実写化されることが決まった『一週間フレンズ』のテレビアニメ版でヒロインを演じています。その際にエンディングテーマとしてスキマスイッチの「奏」をカバーし、その歌唱力が高い評価を得ました。音楽番組では本家とコラボしての歌唱も実現しています。そんな歌に演技にと活躍する雨宮天ですが、アイドル並のルックスでグラビアでも人気を博しています。

    4:劇場アニメ初出演にして初主演を務める急上昇声優“花守ゆみり”

    2013年にデビューしたフレッシュな若手声優の花守ゆみり。まだまだ出演作品は多くないものの、主要キャラクターを演じることが多く、まさにこれからブレイクする声優として注目されています。2016年公開の『ガラスの花と壊す世界』では劇場アニメ初出演にして初主演を務め、東京国際映画祭ではレッドカーペットを歩きました。初めての主演とは思えない見事な演技で、かわいらしい元気な女の子を演じています。2017年放送のTVアニメ「ゼロから始める魔法の書」の主演も決まり、来年の活躍も楽しみです。

    5:『ポッピンQ』でブレイクするか“小澤亜李”

    花守ゆみりと並んで、ネクストブレイク注目株の声優が小澤亜李です。実は花守と仲良しとのこと。デビューは2013年ですが、若手とは思えないほど主要キャラクターを演じており、出演作品も順調に増やしています。さらに12月23日公開の東映アニメーション60周年記念作品『ポッピンQ』にも出演します。「“あり”のまま、いつもまっすぐわたしらしく」がモットー。今後も小澤亜李らしい素直で真っ直ぐな演技に注目です。

    今の若手声優は声優業にとどまらず、幅広い活躍をみせています。アニメ映画がブームとなり、アニメ自体ファン層を拡大している今、声優が人気タレントの新たなトレンドになることも十分あり得ますね。今後の若手声優たちから目が離せません。

    (文/上野澪@HEW)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00010000-dmenueiga-movi


    【アニメ映画ブームで“声優”が活躍中! アイドル並のルックスでグラビアに朝ドラ出演も…注目の若手声優たち】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 かばほ~るφ ★ :2016/11/29(火) 18:54:27.11 ID:CAP_USER9

    ビンテージ映画チラシ1270万円相当盗む
    2016年11月29日 13:14

    愛好家の間で高額で売買される、いわゆるビンテージの映画チラシ、約100枚、
    1270万円相当を知人宅から盗んだなどとして俳優の男が窃盗などの疑いで逮捕された。

    警視庁によると、逮捕された札幌市の俳優・綿谷優治容疑者(30)は去年、
    都内の知人男性(46)の家に侵入し、映画のチラシ102枚、時価総額1270万円相当を盗んだ疑いがもたれている。
    映画のチラシはビンテージもので、1963年公開の映画「大脱走」のチラシは時価30万円だという。

    綿谷容疑者は盗んだチラシのうち50枚を約50万円で古書店に売っていて、
    「借金の返済などで金がなかった」と容疑を認めているという。

    日テレNEWS24
    http://www.news24.jp/articles/2016/11/29/07347729.html

    (出典 www.news24.jp)




    【ビンテージの映画チラシ約100枚、1270万円相当を知人宅から盗んだ疑い 札幌市の俳優の男(30)を逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 取り分 ★ :2016/11/28(月) 07:33:23.19 ID:CAP_USER9

    人気ドラマ『ウォーキング・デッド』の製作総指揮を務めるスコット・ギンプル氏が将来的な映画化の可能性を示唆した。

     ギンプルはロバート・カークマン、トニー・ムーア、チャーリー・アドラードによる同名コミック本を原作とした同人気ドラマの映画化を視野に入れているようで、その際には『スタートレック』のカーク役で知られるウィリアム・シャトナーに主人公のリック・ギンプルを演じてほしいと冗談交じりにComicBook.comに明かした。「ウィリアム・シャトナーがリック。それにエドワード・ジェームズ・オルモスがダリル。マシュー・フォックスがガバナーだね!」

     いまだにテレビシリーズ制作の真っただ中であるものの、ギンプルは将来的に映画化されることが間違いないと踏んでいるようだ。「その話はよく持ちあがるよ」「どんな形にせよ、いつか実現することは間違いないだろうね。良い作品になると思うんだ」

     現在、同作は現地アメリカでシーズン7を放送中で、来年には新シーズンが予定されている。

     ドラマでは主役のリックをアンドリュー・リンカーンが演じており、その息子カールをチャンドラー・リッグス、ダリルをノーマン・リーダス、ガバナーをデビッド・モリシーがそれぞれ演じている。(BANG Media International)

    ソース
    http://www.daily.co.jp/gossip/foreign_topics/2016/11/27/0009702080.shtml
    ウィリアム・シャトナー

    (出典 daily.c.yimg.jp)


    【『ウォーキング・デッド』の責任者、将来的な映画化を示唆】の続きを読む

    このページのトップヘ