2016年10月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    トラウマになった怪談やホラー映画は何?


    (出典 doubletoasted.com)

    1 名無シネマさん :2010/09/10(金) 20:18:22 ID:1ELhdyPy

    特にジャンルは問いませんが、汚物や嘔吐系は例外とします。






    【トラウマになった怪談やホラー映画は何?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 パピコ ★ ©2ch.net :2016/10/31(月) 04:30:59.13 ID:CAP_USER9

    10月30日13時16分
    一昔前のファン・コンベンションは、昔有名だった人がお金を稼ぐ最終手段
    として参加するマイナスイメージが強かったが、今ではドラマの出演料以上
    に稼げるため、有名スターたちが喜んで顔を出す場所になっていると The
    Hollywood Reporter が報じている。

    スターたちはコンベンションまでの贅沢な移動手段と宿泊費はもちろん、
    前金でかなりのギャラをもらっているそう。それに加え、入場料のパーセン
    テージ、写真1枚、サイン1枚につき、いくらかもらえる仕組みになっている
    とのこと。

    基本的なギャラは1回につき5,000ドル~1万ドル(約50万円~100万円)
    だが、ドラマ「ウォーキング・デッド」「ワンス・アポン・ア・タイム」
    「SUPERNATURAL スーパーナチュラル」「ヴァンパイア・ダイアリーズ」
    など放送中の作品、およびNetflixのマーベルドラマ、CW局のDCドラマの出演者ならば、3万5,000ドル~25万ドル(約350万円~2,500万円)が支払われるらしい。「ARROW/アロー」のスティーヴン・アメルなどは25万ドル(約2,500万円)の枠に入るようで、大きなコンベンションならば、入場料などから更に5万ドル~10万ドル(500万円~1,000万円)を稼げ、映画俳優になると、金額はさらにアップするようだ。(1ドル=100円計算)

    現在の一番人気は「ウォーキング・デッド」でダリルを演じている
    ノーマン・リーダス。彼は1度の週末だけで20万ドル(約2,000万円)のギャラ
    のほかに50万ドル(約5,000万円)を稼ぐそう。ほかには、同ドラマでリック
    を演じているアンドリュー・リンカーン、映画『スター・ウォーズ』の
    マーク・ハミル、歴代のドクター・フー俳優などが人気だという。ちなみに、
    アンドリューはコンベンションで得たお金は寄付しているそうだ。

    カルトドラマ「ファイヤーフライ 宇宙大戦争」でケイリーを演じていた
    ジュエル・ステイトは、女優としての仕事がほぼない妊娠期間中、1年で12回
    もコンベンションに出席したそう。ギャラの低い小さなゲスト出演などは
    断るようにもなったと言っている。

    以前はSFものやコミックものなどのジャンルドラマを軽視する俳優もいたが、
    そこで人気が出ればコンベンションでさらに稼げるとあり、今ではジャンル
    ドラマにキャスティングすることを切望する俳優まで出てきているらしい。
    (澤田理沙)

    一番人気の「ウォーキング・デッド」ノーマン・リーダス

    (出典 p.news.nimg.jp)

    ソース:https://www.cinematoday.jp/page/N0087048


    【一番人気は「ウォーキング・デッド」のノーマン・リーダス!超稼げるファン・コンベンション、スターが喜んで顔を出す場所に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 砂漠のマスカレード ★ :2016/10/30(日) 16:55:06.36 ID:CAP_USER9

    回を重ねるごとに視聴率を伸ばしている新垣結衣主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)。
    そんななか、新垣演じる主人公・森山みくりと契約結婚している津崎平匡(星野源)との仲に割って入り“シェア婚”を提案する大谷亮平演じる風見涼太に注目が集まっている。

    実は大谷、36歳にして日本のドラマに出演するのは今作で4作目。
    レギュラー出演するのは「逃げ恥」が初めてである。
    しかしお隣の国・韓国では、すでにドラマや映画で大活躍の人気俳優なのだというから驚きだ。

    だが、大谷は韓国生まれの日本人というわけではない。日本でモデル活動をしていた2003年に、韓国の「ダンキンドーナツ」のCMに抜擢。
    セリフが一言もない役だったが、そのCMが流れるや、ネット上で「あのイケメンは誰?」と話題になってたちまち人気に火が着いた。

    これがきっかけとなり、現代自動車、KTF、オリンパス、SKテレコムなど大手企業のCMに出演。
    06年には韓国MBCドラマ「ソウルメイト」で俳優デビュー。以後、着々と韓国での活動を広げていったのだ。

    そして今年、ドラマ「ラヴソング」(フジテレビ系)第5話で日本でも俳優デビュー。
    今や逆輸入俳優として「第2のディーン・フジオカ」とも言われているが、現在でも韓国のテレビには出演し続けている。

    「大谷は3月8日に放送された韓国のスポーツ番組で『バレーボール特待生として大学に入った』と明かしたり、5月10日放送のバラエティ番組では、韓国女優キム・ソヒョンと共演。ソヒョンにねだられ、即興のラップを披露して笑いを誘いました。
    もしかしたら韓国人のほうが大谷については詳しいのでは。そのくらい韓国では知られた人気者なんです」(韓国在住のジャーナリスト)

    「逃げ恥」でのブレイクで、今後は日本での活躍も期待できそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1219653/
    2016.10.30 09:59 アサジョ


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    (出典 1nukepi.com)


    (出典 1nukepi.com)


    【日本より韓国で有名?「逃げ恥」大谷亮平は“第2のディーン・フジオカ”!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    捕鯨批判に真っ向NO 「ザ・コーヴ」の反証映画、「ビハインド・ザ・コーヴ」が米国で公開へ


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)

    1 愛の世代の前に ★ :2016/10/30(日) 18:48:49.14 ID:CAP_USER9

    和歌山県太地町のイルカ漁など捕鯨を批判した米ドキュメンタリー映画への反証映画「ビハインド・ザ・コーヴ」が、11月25日から米ニューヨークとロサンゼルスで1週間ずつ順次公開される。
    開催中の国際捕鯨委員会総会でも、反捕鯨国・米国の日本への反発は根強い。上映は注目を集めそうだ。

     監督の八木景子さんは「反対意見にも耳を傾けるのが米国の人々だと思う。まずは映画を見て、考えてほしい」と語る。

     捕鯨批判の米映画「ザ・コーヴ」は2010年、アカデミー賞を受賞した。
    日本では同作品の上映中止を求める抗議や街宣活動が起き、一時は映画館が相次いで中止を決定。「表現の自由」をめぐって社会問題化した。

     八木さんはハリウッド大手映画会社の日本支社を退職後、捕鯨問題の扱われ方に疑問を持ち、2014(平成26)年秋に太地町へ。
    映画を撮るつもりはなかったが、「海外から反捕鯨団体が大挙して来ることに驚いて撮影を始めました。『ザ・コーヴ』主人公のインタビューもすぐに撮れてしまい、どんどん関係者への取材が進んだ」

     なぜ捕鯨だけが標的になり、牛や羊を食べることは標的にならないのか。
    八木さんは反捕鯨団体シー・シェパードの創設者やIWC日本政府代表らに取材し、捕鯨の歴史、米国人の戦争認識、宇宙開発との意外な関連まで調べて盛り込んだ。

    「私は(思想的に)右も左もないです。アメリカ大好きだし、ハリウッド映画大好き」と八木さん。
    「日本人はおとなしいと思われていますが、異文化を結論ありきで一方的に批判する映画には、映画で反論したかった。賛否両方の意見を聞いたし、
    日本政府への批判も盛り込んでいます」

     ニューヨークとロスで公開すると、アカデミー賞候補の対象作となる。
    「賞が欲しいのではなく、『ザ・コーヴ』を選んだアカデミー会員の皆さんに、私の作品のDVDが配られ、見てもらえる。そこに意味があると思っています」
     
    http://www.sankei.com/west/news/161028/wst1610280021-n1.html

    製作も配給も個人でしており、米国公開の費用の一部500万円を目標に、インターネットで出資を募るクラウドファンディングを11月25日まで行っている。

    ▼映画「ビハインド・ザ・コーヴ~捕鯨問題の謎に迫る~」サイト(http://behindthecove.com/ 外部サイト)

    【捕鯨批判に真っ向NO 「ザ・コーヴ」の反証映画、「ビハインド・ザ・コーヴ」が米国で公開へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    『ランボー』がリブート! 007のように続くシリーズへ


    (出典 wing-auctions.c.yimg.jp)

    1 忍次郎 ★ :2016/10/29(土) 17:47:08.87 ID:CAP_USER9

     シルヴェスター・スタローン主演映画『ランボー』がリブートされることが明らかになった。The Hollywood Reporter が報じた。

     『ランボー:ニュー・ブラッド(原題) / Rambo: New Blood』というタイトルでリブート企画を進めているのはヌー・イメージ/ミレニアム・フィルムズで、新鋭ブルックス・マクラーレンが脚本を執筆し、『クリミナル 2人の記憶を持つ男』のアリエル・ヴロメン監督がメガホンを取る予定。

     スタローンは出演せず、若い俳優が新たにランボーを演じることになる。

     スタジオはさまざまな俳優がジェームズ・ボンドを演じてきた『007』シリーズのように、『ランボー』をシリーズ化させていきたいと考えているという。

    プロジェクトはまだ初期段階で、ストーリーの詳細などは明らかになっていない。

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    infoseekニュース 2016/10/29 17:30
    http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cinematoday_N0087136


    【『ランボー』がリブート! 007のように続くシリーズへ】の続きを読む

    このページのトップヘ