このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 Japanese girl ★ :2016/12/20(火) 22:13:25.91 ID:CAP_USER9

    岸本斉史「NARUTO-ナルト-」のハリウッド映画化が、去る12月17日に幕張メッセにて開催された「ジャンプフェスタ2017」の「NARUTO-ナルト-×BORUTO-ボルト-」のステージイベントにて発表された。

    映画の配給を手がけるのは、「ソウ」「ハンガー・ゲーム」などのタイトルを送り出してきたライオンズゲート社。監督はVFX映像の第一人者として評価を集める気鋭のマイケル・グレイシーが担当する。キャスティングや公開時期、映画で描かれるエピソードなどについては続報を待とう。

    「NARUTO-ナルト-」は落ちこぼれの忍者・うずまきナルトが、仲間たちとともに数々の試練を乗り越え成長していく様を描いた物語。週刊少年ジャンプ(集英社)にて1999年から2014年まで発表され、現在は岸本原作・監修、小太刀右京脚本による池本幹雄「BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-」が同誌にて連載されている。

    コミックナタリー 12/20(火) 21:28配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000121-nataliec-ent

    (出典 blog.nicovideo.jp)


    【岸本斉史「NARUTO」ハリウッド映画化!監督はマイケル・グレイシー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 ニライカナイφ ★ :2016/12/19(月) 16:34:31.85 ID:CAP_USER9


    (出典 www.asahi.com)
    ◆北野武が『アウトレイジ』完結編を撮る理由

    北野武監督の人気映画『アウトレイジ』シリーズの完結編が、2017年に公開されることが分かった。

    「裏社会の男たちの抗争を描いた同作品は、第1弾が10年に、続編『アウトレイジ ビヨンド』が12年に公開。
    完結編となる『アウトレイジ最終章』では、前作『ビヨンド』のその後が描かれるそうで、
    反社会的組織の幹部を演じた西田敏行や、刑事役の松重豊など前作に登場したメンバーに加え、
    シリーズ初参加キャストの出演も決定しています」(映画ライター)

    北野監督は「シリーズ3作目でいろんなことを盛りだくさんにやっているけど、
    やっぱり俺の映画になっちゃうよな」と語り、第3弾も『アウトレイジ』らしいバイオレンスに溢れた作品になると予告。
    だが実は、たけし自身は当初、シリーズ化するつもりはなかったという。

    「『アウトレイジ』を製作した時点で満足していたんですが、
    周囲から“賞を獲りたいなら続編を作ったほうがよい”と説得され、第2弾も作ることになったといいます。
    すると、第1弾では約7.5億円だった興行収入が、第2弾ではその倍に迫る約14.5億円の大ヒットに。
    第3弾も、たけしとしては製作にそれほど乗り気ではなかったようですが、
    “新しい映画を作るためのタネ銭に”という説得に応じ、製作に乗り出したそうです」(映画関係者)

    気になるのは、『最終章』のストーリー。
    「実在する反社会的組織の動向からも材を得ているとされるこのシリーズだけに、
    第3弾では組織分裂の動きなども参考にしている可能性があります」(前出の映画ライター)

    また、完結編らしい衝撃のラストが用意されているという話もある。
    「“最後は散る”のが北野映画の美学。『その男、凶暴につき』『BROTHER』『ソナチネ』など、
    北野作品は“死んで終わる”のが流儀です。『最終章』でも、たけしが演じる主役の大友を含め、
    主要メンバーが壮絶な死に様を見せるのではないでしょうか」(前出の映画関係者)

    さらに、サプライズが準備されているという情報も。

    「小日向文世演じる悪徳刑事の片岡です。
    反社会的組織の動きを裏で操るキーマンとして存在感を放っていましたが、
    『ビヨンド』で、大友に銃で撃たれるという結末を迎えました。
    それだけに、『最終章』には登場しないと思われていますが、実は片岡は死んでいないとか」(前同)

    というのも、「『ビヨンド』の台本では、死んだ人は赤字で記されていたんですが、
    片岡は赤字じゃなかったんです。ということは……」(前同)

    (▼続きは以下のURLでご覧下さい)

    日刊大衆 2016.12.19 12:00
    http://dailynewsonline.jp/article/1246094/


    【北野武が『アウトレイジ』完結編を撮る理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 忍次郎 ★ :2016/12/18(日) 17:55:09.87 ID:CAP_USER9

     長年『ハリー・ポッター』シリーズで主人公ハリーを演じ、今もその印象が強い英俳優ダニエル・ラドクリフ(27)。
    そんな彼も仕事の上では様々な役柄に果敢に挑戦し、父親やゲイの役も見事にこなして子役からの脱却に成功。
    素晴らしい演技力を褒める声も多く、今後も間違いなく英国、そしてハリウッドの映画業界で活躍していくはずだ。
    しかし今も「ダニエル=ハリー・ポッター」というイメージはやはり消えず、人々は大人になったダニエルの行動にドキッとすることも。
    それを「とても面白いよ」というダニエルが、人々の“あるリアクション”について語った。

     27歳になった今も「丸いメガネの可愛いハリー・ポッター」と思われているダニエル・ラドクリフだが、
    実は子役時代には少々荒れ酒に酔ったままの状態で撮影現場に通ったことも。アルコールについては「止めた」というが喫煙は止められず、今も変わらず吸ってしまうという。そんなダニエルがこのほど『The Sun』にこう語った。

     「そう、煙草を吸うのさ。僕は巻きタバコが好きだね。」
    「人にライターを借りるのって、面白いよ。僕はすぐにライターを失くしちゃう。(誰かに貸してと言うと)相手はポケットの中を探って僕を見上げ、こう気づくんだ。『ああ、ハリー・ポッターをガン患者にするようなことなのに…』ってね。」

    そんなダニエルだがハリー・ポッターのイメージを呪縛とは考えておらず、シリーズへの出演についても全く後悔していないという。

    「うん。僕はもうハリーじゃないよ。でもハリーだった日々を一日たりとも後悔してはいない。最高に楽しい時期だったんだ。
    でも原作者J・K・ローリングも、ファンタスティック・ビーストの方にムーブオンした。
    僕の友達も何人か『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に関わっているからね。僕もワクワクしているよ。」

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    Yahoo!ネタりか|2016/12/18 16:46 Techinsight
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20161218-92677695-techinq


    (出典 iwiz-cmspf.c.yimg.jp)


    【「僕はもうハリーじゃないよ」…ダニエル・ラドクリフの「ライター貸して」に人々困惑 「ハリー・ポッターに貸して良いの?」】の続きを読む

    このページのトップヘ